ECサイト構築に向けて

ECサイトとは自分の会社の商品あるいは他社の商品をインターネット上に用意した自社が管理運営しているウェブサイトでネット販売するサイトのことです。 ちなみにECはelectronic commerceの略となっています。多くの人が利用しているのは巨大なECサイトであり、オンライン書店などもこれにあたります。また広義でいうとネット銀行もこれに当てはめることができますし、早い話がネット上で商売をするサイトは全てECサイトと考えていいでしょう。

利点としては、1社で行うよりもたくさんの企業が集まることで知名度もあがり他社との相乗効果で売上が上がることが期待できます。また、ECサイト構築者は各サイトの売上の何%かをサイト管理料として請求することができますので参加企業が多いほど収益があがります。 サイト利用には大まかな決まりを作らなくてはいけませんが、ある程度の自由は保証して、企業の裁量でサービスの提供を認めているサイトが多くなっています。

また、それぞれの企業でブランド戦略が容易に展開でき、それがマーケティング戦略に反映されてさらに売上効果が期待できます。 いっぽう、ECサイト構築の欠点というわけではないのですが、ECサイト構築には時間と費用がかかりますし、さらにそれを維持するための設備投資や管理費用がかかります。全てのサイトが収益を上げるわけではないので時には切り捨て無ければいけない判断も必要になってくるのです。一番の問題は価格競争に陥りやすいということです。これは価格比較が容易なこと、現在は価格比較サイトなどが多く立ち上がっていることがあげられます。